いてもいいのか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち着けない子ども達。

<<   作成日時 : 2018/07/13 08:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、小2男子について書いた。
今日は、小1男子。こちらの子もいわゆるグレーゾーンに該当する。
ジッとしていられない。目先のことで行動する。話しが聞けない、理解できない。
その子に気を取られて、他の子も集中できない。
学校でも同じような行動をしているのだろうか。
授業が聞けているのだろうか。
体育の授業なんかでは、列を離れて行ってしまわないのだろうか。
その小1男子を担任先生が追いかけてしまえば、誰が他の子の行動を見守るのだろうか。

基本、その子にはひとりの職員さんがつくことになる。
勤務シフトとしては、そこも考慮されて作られている。
でも、どうしてもその小1男子や先述の小2男子に気がいってしまいがちになる。
他の子達は、これ幸いと勝手に遊びはじめるかもしれない。
安易に支援学級・特別支援学級に入れればいいとは思いはしないが、
いや、TVドラマ「金八先生」の腐ったみかんの方程式ではないけど、
集団活動をとるのか個人の行動を見守るのか。
究極の選択を 父母、学校、教育委員会、世間一般と 力量を試されているようだなぁ。


しかし、こういう落ち着けない子が増えてきたように感じる、年々多くなっている。
なんでだろう。
はたして、自分が小学生だった頃に、こういう子はいたのだろうか?
いたような、いなかったような。
そもそも、特別支援学級のようなモノもあったのだろうか?

ある人が言っていたけど、全体的に「教育」がゆるくなったらしい。
どうゆるくなったのか、昔と比べて何がなくなって何が起きたのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落ち着けない子ども達。 いてもいいのか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる